どれくらい?様々なペニス増大方法の効果が出るまでの期間を徹底解明!

ペニス増大方法の種類と期間

色々なペニス増大方法がありますが、それぞれ効果が出るまでどれくらい時間がかかるのでしょうか?
なるべく早く効果が出た方が良いですが、リスクについても考える必要があります。
ペニス増大方法の中でも有名な4つの方法を取り上げて、それぞれの効果が出るまでの期間を調べてみましょう。

ペニス増大方法の4つの種類

  • ペニス増大トレーニングをする
  • ペニス増大機器を使用する
  • ペニス増大手術を受ける
  • ペニス増大サプリを飲む

ペニス増大トレーニングのやり方と必要な期間

ペニス増大トレーニングは別名チントレと呼ばれますが、ジェルキング法とミルキング法という2つの方法が有名です。
ジェルキング法とは、半分大きくなったペニスにローションを塗り、親指と人差し指で根元から先端まで絞るように滑らせていきます。
最初右手でやったら次は左手というように、両方の手で交互にやるのがポイントです。
これを1セット20回で1日3セット行っていきます。
完全にペニスが大きくなってしまった場合は半勃起に戻るまで待たなければいけません。
もう一つのミルキング法ですが、途中までジェルキング法と同じでローションを塗ります。
その後は指を滑らすのではなく、牛の乳搾りのように血液をペニスの先っぽに送り込むような感じで圧力をかけます。
1セット20回とし、3セット行います。

効果が出るまでの期間

このようなトレーニングでペニスを増大させることは可能ですが、効果が出るまで半年かかります。
毎日このトレーニングを続けて半年は様子を見なければいけません。
どのように継続するモチベーションを保てるか考えなければいけません。

ペニス増大器具を使う場合

ペニス増大器具とは、その名の通りペニスを大きくするための器具です。
牽引型とポンプ型の2つに分かれますが、どちらも装着するだけでペニスを増大させることができます。
牽引型は1日4時間から9時間装着することになりますが、ポンプ型よりも安全です。
イメージとしては、時間をかけてペニスを引っ張り続け長くするという仕組みです。
1日に使用しなければいけない時間が長いので、あまり人気はありません。
一方、ポンプ型は長い時間装着する必要がなく、1日30分程度で良いのですが、水ぶくれが出来る可能性もあります。
ポンプで真空状態を作ってペニスを吸い上げるという方法ですから、特に繊細な亀頭に影響を与えてしまう場合が多いです。
亀頭に変化が生じた場合はすぐに中止しなければいけませんし、基本的には自己責任でやります。
使い方によってはリスクもあるので注意しなければいけません。
ただし、1日30分ということなので牽引型よりもポンプ型の方が好まれる傾向にあります。

効果が出るまでの期間

牽引型でもポンプ型でもある程度の期間は連続して使用しなければいけません。
1ヶ月使用しただけだと0.5cm程度で、6ヶ月から8ヶ月使用すると3cm前後増大したというデータがあります。

ペニス増大手術の場合

効果が確実に出るのはペニス増大手術です。
ペニスを切って大きくするという手術もできますが、最近は切る手術を避ける人が多いです。
切る手術をしてペニスを増大したところで、通常時の大きさが変わるだけで、勃起した時の長さは変化しないので、パートナーを満足させたいという場合は意味がありません。
別の方法として、薬剤を注入するという手術があります。
亀頭にヒアルロン酸などを注射するという方法です。
比較的安全な方法なのでペニス増大手術ではこの方法が選択されやすいです。

効果が出るまでの期間

ペニス増大手術は効果が出るまでの期間が非常に短いという特徴があります。
診察から含めると数ヶ月かかる場合もありますが、手術をすればその日からペニスは大きくなるので、どのように数えるかで大きく異なります。
手術をした日から計算するのであれば即日でペニスを大きくすることができる方法です。
ただし、ヒアルロン酸などを注入する方法は1年から1年半で効果がなくなってしまいますので、即効性はありますが効果は一定期間ということになります。

ペニス増大サプリを使用する場合

ペニス増大サプリにはペニスが大きくなるために必要な成分がたくさん含まれています。
サプリメントなので、正しい使用方法を心がけていれば副作用は心配する必要がありません。
ペニス増大サプリは、勃起した時に血流が一気にペニスに集まるように工夫されています。
通常時よりも勃起時のサイズを大きくするために研究されているので、夜の営みでパートナーを喜ばせたいという理由でペニス増大を考えている人にはぴったりです。
それぞれのサプリによって含まれている成分や栄養素は異なりますが、大きくなった時に長さだけではなくて、太さも変化するようになります。
サイズに自信がないので女性との関係をあまり楽しめなかったという人も、ペニス増大サプリを利用することでコンプレックスを解消できます。
サプリメントを毎日飲めば良いだけなので、トレーニングや器具を使う方法よりも簡単に続けることができます。
手術以外の方法なら毎日行わなければいけないことなので、いかに簡単に続けられるかということが重要なポイントになります。
ペニスを増大させるだけではなくて必要な栄養素を取り入れることにもなりますので、以前よりも健康になったという人もたくさんいます。

効果が出るまでの期間

ペニス増大サプリを毎日飲んで効果が出るまでの期間ですが、平均的に2ヶ月から3ヶ月です。
細胞が入れ替わるのにこれくらいの期間が必要ですから、ほとんどのサプリは効果が出るまで数ヶ月かかります。
サプリによって異なりますので、それぞれのペニス増大サプリの効果が出るまでの期間を確認することができます。

どの方法もある程度の期間が必要

4つのペニス増大方法について考えましたが、どの方法でもある程度の期間が必要になります。
トレーニングは毎日行ったとしても半年は必要になりますし、器具を使ったとしても数ヶ月は待たなければいけません。
手術の場合は、初診からの期間を考えればある程度の時間が必要になりますし、薬品を注入したとしても一定期間の効果しか期待できません。
ペニス増大サプリの場合も効果が出るには基本2ヶ月から3ヶ月必要です。
どの方法も時間がかかるので、どうせれば毎日続けられるかという観点で選びましょう。